酵素ファスティングの事がよくわかるサイト
  • ファスティングの成功は復食にあります。

    ファスティング復食
    ファスティング

    フランスではファスティングの事を「メスを使わない手術」と呼ぶくらい、ファスティングは実は体にとって非常に大きな負担をかけるものなのです。ですから、「たかがご飯を食べなかっただけ」と軽く考えてはいけません。

     

    酵素ドリンクを使ったファスティング後は、食事を摂らずに休ませていた胃腸を、少しづつ元の状態に戻していくための復食期間が絶対に必要です。

     

    この復食期間こそがリバウンドしないための綺麗な腸内環境を作るためには欠かせないもので、ファスティングの成功を決める重要なポイントになっているのです。

     

    最低でも、何も食べなかったファスティング期間(断食期間)と同じ日数だけ復食期間を設ける事が良いとされています。

     

    まず最初に口にする物は重湯(お粥よりも水分の多いもの)やスムージーなどの胃腸に優しい流動食にして下さい。お腹が空いているからと言って量もいきなりたくさん食べるのではなく、あくまでも初日は少ない量におさえましょう。2日目以降は徐々に固形物を食べ始めても構いません。

     

    ファスティング期間後は胃腸環境がリセットされ、五感が研ぎ澄まされた感覚になっています。ですから当然、味覚に関してもファスティングに取り組む以前と比べれば、かなり敏感になっている事でしょう。

     

    ですから、復食期間はできるだけ味付けの薄いメニューを選ぶようにし、せっかくファスティングで腸内環境をリセットしたわけですから、ファスティング終了後も薄味の料理を食べるように心がけたいところですね。

     

    ファスティングによってデトックスされ、生まれ変わった体は、乾いたスポンジのようにどんどん栄養素を取り入れる体質になっています。ですから、脂分が多く、味付けも濃い外食は極力控えるようにし、海藻類、豆類、野菜類、きのこ類などの食材を自宅で調理して薄味で食べるようにしましょう。

     

    ファスティングを始める前の準備期間から、このファスティング後の復食期間までの一連の流れを全て含めて「ファスティング」ですから、復食期間の取り組みがあなたのファスティングを成功させるカギだと言っても決して過言ではないのです。

    コメントを残す